恒例のお節菓子

   今年も御年賀栗金団で有名な恵那川上屋「お節菓子」を頂きました
 容器陶器製で毎年変るようです。今年はグリーン陶器お重栗の葉に遊ぶ栗木精(くりこだま)をかたちどったそうです 
  干支・縁起物・季節くりきんとんマロングラッセ、干菓子、クッキーなどのスイーツが入ったお重です

お重の中身

和三簿を使った干菓子

  和三盆とはあわさんぼん(阿波和三盆)さぬきわさんぼん(讃岐和三盆)のことで、江戸時代からの伝統的な手作り砂糖
   在来種の竹糖(ちくとう)と呼ぶ砂糖キビを使ったもので、色は白く、粗野な味の黒砂糖をもっと円やかに品よくした味で、和菓子材料として使う(食の安全と安心のホームページより)

栗金団とマロングラッセ

   マロングラッセフランス高級菓子で、砂糖漬けのこと。大きな栗の鬼皮を剥き、熱湯に軽く漬けて渋皮を剥く
   それをバニラシロップ弱火で煮る。これに砂糖を入れてにかけて溶かしたらを消して一晩寝かす。それを繰り返して糖度を高め、最後は乾燥させると出来上がる

 
きんとん(金団)にはお菓子栗きんとん、お節用には芋きんとん栗きんとんがある
お菓子の栗きんとんは岐阜県の東濃の有名な和菓子で、中にはくりきんとん(栗金飩)として販売している和菓子屋もあるが、の収穫時期とその後の少しの間だけしか製造販売しない
    もちろん国産の栗を使用しており、砂糖を加えて炊き上げ茶きんで絞ったものでお節の栗きんとんとは全く食感も味も違う  (食の安全と安心のホームページより)