料亭でのすき焼の味は

  今回の助六料理飛騨牛のすき焼メインです。関東風のすき焼ですが、さすが料亭でのすき焼ヘッドを溶かしたときの臭いが全くしませんでした
  しかし私はすき焼が好きではありません。特に臭いが嫌いです
   牛肉は嫌いではないのですが、あの脂身が、サシの入った高級肉が好きではないのです

前菜 里芋まんじゅう(蟹、あすぱら)

  「里芋まんじゅう(里芋の揚げだし)」は里芋を茹でて皮を剥き、それにぶぶあられをまんべんなく付ける。これを食用油で揚げる。それに茹でて絹さやを散らして出汁の効いたあんをかける
 (食の安全と安心のホームページより)

お造り 平目の薄造り(浅葱)

縁側もついており、プリプリして美味しい

焼物 鰆の大豆焼き

変り焼きだが・・・・

稲荷寿司、いくらの寿司

稲荷寿司油揚はしっかりと油抜きがしてあり、またいくらの寿司いくらも、醤油などに漬けてあり美味しく出来ていました

鍋物 飛騨牛のすき焼

すき焼」は明治時代には「ぎゅうなべ(牛鍋)」と呼んでいた
    愛知県の明治村には明治当時の建物「大井牛肉店」が移築保存されされており、現在も村内で牛鍋屋として営業している
    すき焼の材料は牛肉(ロースすき焼き用)牛脂(ヘット)、白菜、ネギ、春菊、焼き豆腐(豆腐)、糸こんにゃく(白滝)、そして溶き卵
   作り方は2種類あり、関東では熱したすき焼鍋ヘットを溶かし、それに割下を入れて牛肉や他の材料一緒に入れて火を通す。出来たら溶き卵にくぐらせて食べる
  関西では熱くしたすき焼鍋ヘットを溶かし、そして香を出すためにネギを焼き、その上に牛肉を広げて焼く。肉の色が変わり始めると日本酒、醤油、砂糖を入れて裏返してを食べる。そして他の材料を加える。好みによって溶き卵に浸けて食べる

揚物 天ぷら(バジル、トマト、マンゴーのせ海老、万願寺とうがらし、なすび)

  焼肉、天ぷら、鮨で食べさせる店が多いが、焼肉ならその店オリジナルのタレ天ぷらには天汁には山葵醤油が合う、で食べるなんて味覚音痴の人が・・・・

酢物 酢蓮根のピリ辛