春爛漫の十六夜会

  今日の十六夜会は、を感じさせる料理でした
 料理のあちこちに春を演出させ、前菜では卵豆腐ピンク色でおまけに塩漬した桜の葉がそえてあり、お造りでは塩漬した桜の花が添えてありました
  会費が安いため、助六さんにはご迷惑をおかけしているようですが、出汁を利かした料理は私のお勧めです

前菜(桜豆腐の蟹の剥き身と錦糸卵のせ)

の香がする卵豆腐、美味しくいただけました

造里(勘八、鳥貝、貝柱)

勘八は新鮮でプリプリ貝柱は甘くて新鮮でした

腕物(蕪の若菜、大根、人参、海老の真署)

焼物(鰆の幽庵焼き)

幽庵焼(ゆうあんやき)」は「祐庵焼」とも書かれ、会席料理に出される焼き物のひとつで、江戸時代の北村祐庵が創作した料理と言われている
    醤油、酒、味醂1:1:1の分量で合わせた調味液柚子を加えたものを「幽庵地」と呼ぶ
   さわら、そして白身の魚甘鯛、まながつお、鮭などをの水分を拭き取って軽くを振ってから、つけおいて焼いたものを「柚庵焼」と呼ぶ 

煮物(二色はんぺん、筍、人参、長芋、椎茸、空豆、ながいも、大根)

出汁が効いた煮物、旨い!美味い!助六で一番私が好きな料理

強肴(しゃぶしゃぶ風飛騨牛と春キャベツ)

牛肉独特な臭さもなく、付け合わせのキャベツは少し酸味が効いた紫蘇風味!

天ぷら(海老のぶぶ揚げ、かぼちゃ、タラの芽、若鮎)

を意識した天ぷらだが、たまには出汁が効いた天汁で食べたい