うなぎや源内の源内ひつまぶし

  彦根城の近くに安くて、美味しい鰻屋があると聞き、さっそく出かけてみました
  お店の名前は「うなごや 源内」、古民家を改装したものですが、外観は今風です
   お店の近くを通ると、を焼く、美味しいにおいがし、食欲をそそります 
メニューは  
うなぎ丼(並)・・・・・・・・  1,900円  
うなぎ丼(上)・・・・・・・・  2,300円  
うなぎ丼(特上)・・・・・・・ 3,100円   
源内ひつまぶし(上)・・・ 2,800円
源内ひつまぶし(特上)・・3,500円    

ひつまぶし(薬味)

上段右から
  瓜漬、刻み海苔、若鮎の佃煮と佃煮昆布
下段左から 
  刻み青葱。山葵、錦糸卵

源内ひつまぶし(特上)3,500円

  「ひつまぶし」は名古屋近辺のうなぎ料理。千切りした鰻のかば焼きを小さなお櫃の入った温かいご飯のうえにまぶしたもの(タレをかけることもある)
   食べ方に、ちょっとしたルールがあり、まずおしゃも十文字(四つ)に分ける
   最初はその一つを茶碗にとりそのまま食べる
   その次はおひつから茶碗にとりだし、薬味ネギ、三つ葉、刻んだ青紫蘇、わさび、海苔、錦糸卵などを茶碗の上に乗せて食べる
   そして三杯目は、薬味をのせてほうじちゃ(焙じ茶)出汁をかけて「うなぎ茶漬け」としてサラサラと食べる
  残った四杯目好きな食べ方をする   (食の安全と安心のホームページより)

吸物(肝すいとウド)

そのまま食べる

薬味をのせて食べる

うなぎ茶漬けで食べる