大垣ロワジールホテルの料理の味は

   高校クラス会大垣ロワジールホテルで開かれました
このホテルはいろいろな会合年数回利用しますが、料理の味最低ランクと思えてなりません
 大垣市内には他にフォーラムホテルがありますが、大垣駅から遠いので地の利が悪く、を持っていないもの、飲むものには使いづらいのです
  だから幹事は仕方がなくロワジールホテルを使うのです
   今回の料理向上しましたが、8000円払った割には、また・・・ 
   皆
感想は駅の近くのファミレスに集まって好きなを取って飲んだ方が安くて楽しめたかも・・・

前菜 バイ貝、出汁巻き卵、茹で海老、枝豆、湯葉

どこにでもあるような前菜でした

造り(鮪、鮭)

刺身三種盛り、いやいや二種盛り刺身新鮮だった

蒸し物 茶碗蒸の銀餡掛け

茶碗蒸しの銀餡掛け  鶏のつくね、三つ葉、生姜、銀杏 
出汁
がよく効いており、美味しかった  

揚物  天ぷら(海老、蓮根、さつま芋、キス)

がバリバリの天ぷら、おまけに天汁でなく抹茶塩・・・

鴨肉のロースト(トマト、ジャガイモ、人参、ブロッコリー、ズッキーニ)

鴨肉より牛のフィレを食べたい

握り鮨(鮪、烏賊、海老)

典型的な田舎ずし、上のネタは薄く、シャリが大きい

赤だし

デザート(チョコレートケーキ、バームクーヘンなど)

パサパサケーキだった