琵琶湖グランドホテルでの昼食

   今日は琵琶湖グランドホテルまでのバス旅行ホテルでは昼食温泉を楽しむツアーだった
   バス新車で快適、おまけにガイド芸達者で私達を充分楽しませてくれた 
   昼飯セットメニューだったが、まあまあの味とボリューム5,000円位の料理と思えた
   左の写真が始め並べられていた料理だが、食事の途中で熱々の湯葉の吸物茶碗蒸、揚げたてのてんぷらが出てきた、

前菜 胡麻豆腐  たこ、サーモン酢締め、とびこ、きゅうり  煮物(蓮根、里芋、おくら、茄子)

たこは柔らかく、サーモンも程良い加減だった 煮物味付けをもっと濃くすれば・・・

椀物(湯葉と茆の吸物)

   蓴菜(じゅんさい)とは主に中部以北の澄んだ池や沼に生息する水草で、寒天質に覆われた若芽が食用として珍重されている。秋田県生産量が一番多く、吸物酢の物などに利用する
(食の安全と安心のホームページより)

お造り(鯛、鮪、甘海老)

刺身は新鮮だったが、甘海老は・・・・・

焼物(太刀魚、ラッキョウの紫蘇巻)

 太刀魚(タチウオ)タチウオ科熱帯から温帯に生息する魚で、立ち泳ぎするのが名前の由来である。鋭い歯を持ち、体色は銀白色0.5m~2mの大きさである。塩焼きムニエルにする
(食の安全と安心のホームページ)

火物(近江牛、うどん、玉葱、えのき、水菜   水菓子(グレープフルーツ、キウイ-)

近江牛サシが全くは入っていませんが、美味しいすき焼だった

そば(鰻の蒲焼のせ)

美味しい鰻の蒲焼だった

天ぷら(ししとう、カボチャ、海老、さつま芋、若鮎のフライ)

若鮎だけフライ、残りは天ぷらだった