祇園祭のランチ

  今年の京都祇園祭は例年以上の暑さでした
   しかし猛暑にもかかわらず宵山にはたくさんの人が祭りを見に来ていました!
   多くの鉾を見るためには、歩く、歩く、歩くしかありません、人とぶつからないように歩く、暑いのでバテバテ!
   途中で京都の中華の名店 膳處漢ぼっちりに寄りランチを食べることにしました
   店は大混雑、待ち時間は一時間以上とのことでギブアップ!
   7月24日に後祭りの鉾巡航を見るために京都へ出かけるので、その時を楽しみにしています      

膳處漢膳 3800円(税別) 

前菜 4種盛

前菜 右上から
蒸し海老とトウミョウの和え物 ゴーヤの素揚げと鱧 トマトのゼリー寄せ  蒸し鶏とアボガド <br

蒸し鶏と上に乗っている味噌が大変マッチして美味しい一品だった  

点心 よもぎ饅頭

よもぎ饅頭  

饅頭には海老よもぎがたっぷりと入っており、辛子醤油を混ぜたもので食べると最高!

肉料理(北京風 黒酢酢豚)

北京風 黒酢酢豚   

  豚肉フレー状にしたものを丸く固めて揚げたものを、黒酢を使った甘い餡をかけたもの
美味しい料理だが豚肉の臭みが少しあるのが残念!

魚料理(あおり烏賊とアスパラの炒め物)

あおり烏賊とアスパラガスの炒め物  

アオリイカとアスパラあおさオリーブオイル中国香辛料などで炒めたもの

アオリイカは日本各地生息している烏賊で、胴の長さ40cmに沿って楕円形である。別名ミズイカシロイカとも呼ばれ刺身、フライなどに使われるが、特に甘味、旨みがあり、肉は弾力性に富み刺身で食べるのが最もうまい(食の安全と安心のホームページより)

湯   冬瓜とふかひれのスープ

冬瓜とふかひれのスープ   

味は薄めだが、生姜の香りがするスープだった

御飯    ふかひれ御飯

ふかひれ御飯 

土鍋で炊いたふかひれ御飯ふかひれがたっぷり使ってあり、味は濃いめボリュームがあった

御飯 ふかひれ麺

ふかひれ麺    

が大変柔らかく、硬い麺が好きな私にとっては・・・・・

デザート 自家製杏仁豆腐

自家製杏仁豆腐   

どこでもあるような杏仁豆腐だった