若狭 ふじわらやのフグ料理

  今月の八日の昼に若狭の小川のTへ河豚を食べにいったが、最悪だった!
  口直しに多くの人が推薦する若狭のふじわらやへ河豚を食べに行った。
   建物も古くなく、お店経営者やその家族はフレンドリーで話好き、おまけに料理の味付けは私好みだった。
 値段がTより3,000円も安い、満足!満足!大満足!

先付け、ひれ酒、てっぴ、焼き物、刺身の盛り合わせ、河豚刺し、焼き河豚(白子付き)、白子豆腐、河豚のグラタン、河豚の茶碗蒸し、河豚の唐揚げ(ポテトサラダ)、てっちり、河豚の雑炊

赤ナマコのみぞれ和え(食前酒 梅酒)

先付け 赤ナマコのみぞれ和え             

小口切した赤ナマコを番茶で軽く湯がき、甘めに味付けした大根下しに加えて混ぜ合わせたもの。民宿レベルを超えており、この後出てくる料理が楽しみ。
若狭は梅の産地で、そこで採れた梅を利用した梅酒!

てっぴ(ふぐの皮の湯引き)

てっぴ(フグの湯引き)

ふぐの皮を熱湯に通し、すぐに氷水で冷やしてから細切りにしたものを、紅葉おろしを利かせた味付けポン酢で食べる。コリコリ感がある。
ひれ酒が付いているが、だれもアルコールを飲まないので、ウーロン茶に変更!

刺身の盛り合わせ一人前(烏賊、甘えび、わかし)

刺身の盛り合わせ(烏賊、甘えび、わかし)     

かし、甘えびは今朝獲れたもので、ぷりぷりで美味しかった

フグ刺し

フグ刺し(一人前)       

いつ食べてもフグ刺しは美味い!残念なのは浅葱が細切りでなく小口切り!浅葱をフグ刺しで巻いて、紅葉おろしを効かしたポン酢で食べたかった

さざえの壺焼き

さざえの壺焼き             

工夫が足りなかったサザエのつぼ焼きだが、値段が値段だから目をつぶることが出来る

焼きフグ(焼き白子添え)

焼きフグ(焼き白子添え) 

焼きフグはもう少し甘塩だと、さらに美味くなる。白子はファー、トロとして美味!

フグの茶碗蒸し

グの茶碗蒸し            

甘えびの頭を出汁に使った濃厚なスープで、具もフグの身、三つ葉、魚、椎茸、烏賊、えのき茸などが大量に使った美味しい茶碗蒸し!

フグの唐揚げ(自家製ポテトサラダ)

フグの唐揚げ(自家製ポテトサラダ)       

パリッと揚がったフグの唐揚げ、衣に工夫してあり美味しさが増した。フグの口の部分(写真右上)はコラーゲンが一杯ありそう。自家製のポテトは私の奥さんより上手に出来ていた

てっちり(ふぐ鍋)

てっちり(ふぐ鍋)

待ちきれなく、写真を撮るのを忘れてしまいました。私はフグの身より、エキスをたっぷり含んだ白菜、ネギ、豆腐が大好き!

河豚の白子豆腐、河豚のグラタン

河豚の白子豆腐、河豚のグラタン

河豚の白子豆腐は手間ががかるので、少量でも大満足   
 河豚のグラタンも家庭やお店で食べるより、少量だが私たちを虜にした

河豚雑炊  

 河豚刺しと河豚の雑炊さえ食べれれば幸せな私。てっちりを作った鍋に女将が雑炊を作ってくれたが、話に夢中になり写真を撮ろうとしたときは盛り付けした後でした。